結婚披露展 TSUNAGU

菊地章雄・佐藤早秋の結婚を写真でお披露目する 「結婚披露展TSUNAGU」を開催する新婚二人によるブログです。結婚をテーマにした記事、写真展までの準備の様子、コラムなど幅広く綴っています。http://www.hirouten.com

●いつまでも神聖なものと思っていたい

一周年を迎えて

ありがたいことに、2018年9月で入籍をしてから順調に一周年を迎えることが出来ました。今日は久しぶりの更新ということもあり、結婚について今考えていることを綴ってみようと思います。ただの哲学なので、答えはないお話しです。

 

結婚一周年記念日を「紙婚式」というらしく、わたしたちは「紙」にまつわる場所へお出かけしました。毎年◯◯婚式というかたちで、さまざまな素材に絡めてお祝いをするのが一般的のようです。それは紙だったり、鉱物だったり、年によって異なります。ゆくゆくはダイヤモンドが出てきたりもします。

 

f:id:hirouten:20181021233906j:image

結婚はどう考えてもスタートだ

入籍の手続き、同居の準備、新生活のスタート、、、結婚するとやらなければならないことが目白押しです。挙式をあげる方はその準備もあったりで、なかなかスケジュールも多忙になりますね。

 

一年経つと結婚したばかりの頃よりもたくさんのことが見えてきます。特に強く感じるのは「結婚はどう考えてもスタート地点である」ということです。結婚とは、夫婦にならんとする二人が共同生活を始めるスタートラインに立っただけのこと。

 

結婚=結婚式、ウェディングドレス、披露宴、のようなイメージがあるかもしれませんが、結婚してみてわかることは、それは単なる " イメージ " であり、現実ではないということです。

 

結婚は、夫婦になった二人が共同で営む日常生活の連なりだと感じています。結婚して、各々が仕事をし、家事をし、会話をし、眠りにつく。そういった日常の連なりこそが、結婚そのものなのかもしれません。当たり前のようなことを言っているかもしれませんが、実際に結婚をして過ごしてみると、この点は強く思うポイントなのです。

 

日常を有り難く思う

結婚が日常生活の連なりだとするならば、もしかしたら、時が経つにつれお互いが支え合って生きているということの有り難みが薄れていってしまうかもしれません。自分の父母を見ていてもそう思いますが、相手がいることが当たり前になっていくんですね。ありがとう、なんて言葉は滅多に出なくなる。

 

二人が馴染んで、隣にいるのが当たり前になる、といった話は先輩夫婦からもよく聞きます。それはいいことかもしれませんが、いつまでも、日常を有り難いもの、貴重なものだと思っていけたらいいな、と思っています。二人で居られる日常こそがなによりも尊いものであると、そう感じて生きていきたい。ありがとうを伝え、愛しているを伝え、当たり前に分かってくれるだろうという勝手な意識の壁を取り払い、相手に敬意を示す。

 

子供の頃に夢見ていたような、漠然とした「結婚」に対する憧れや、神聖なもの、キラキラしたもの、という認識を歪めないままおばあちゃんになっていきたいです。結婚は日常生活の連なりである、ということを理解しつつも、いつまでも「神聖なものなのだ」という心を忘れないでいければいいなと思っています。

 

菊地早秋

 

f:id:hirouten:20181028223447j:image

 

●同居後8ヶ月のいま思う事

あっという間の時間

 

わたしたちは入籍後、仕事と住居の関係で、2ヶ月間は別々に暮らしていました。

 

そのため、入籍からは10ヶ月が経ちますが、同居を始めてからは、8ヶ月となります。

 

ここまで、あっという間の月日でした。本当にそんなに経つのだろうか!と思うくらいです。

 

先日ふたりで沖縄を旅してきました。(披露展関連のことを抜きに遠出をするのは、久々でした。)

 

f:id:hirouten:20180630185246j:image

 

誰かと暮らす楽しさ

 

そう考えると、結婚して一年なんて、本当にすぐきてしまうものなのだと思います。

 

生活のスタイルも確立してきて、ふたり一緒に暮らす楽しさが身に染みてくるのも、同居半年を過ぎた頃なのかなと個人的には感じます。(人それぞれだと思いますが。)

 

バタバタの波も過ぎ去って、夫婦のライフスタイルが理解でき、相手を思いやる気持ちもより増えてきます。

 

f:id:hirouten:20180630192846j:image

 

小さい頃からの夢

 

小学校の頃から大学生になるまで、さらには社会人になっても、ずっと将来の夢はお嫁さんになることでした。誰かと一緒の布団で目覚め、お弁当を作ってあげ、また一緒に眠ること。

 

寂しがりやで、デートした後にそれぞれの家に帰らなくてはいけない、その瞬間が何歳になってもとても苦手でした。帰りの電車で涙したことも多々あります。

 

結婚したら、好きな人といつも一緒にいられるなんて、一緒に暮らせるなんて、なんて幸せなことなのだろう?といつも感じていました。

 

研究盛りの大学生や、仕事盛りの社会人が考えることとは思えない程、「結婚」について漠然と強い想いがありました。

 

f:id:hirouten:20180630205317j:image

 

そしてこれから

 

結婚して同居を始めると本当に、好きな人とずっと一緒にいることができます。

 

私のような寂しがりやな女性は多いと思いますが、付き合っていただけの頃よりも、だいぶ気持ちが安定して、幸せに過ごせます。家族になる、ということを徐々に感じてきています。

 

もちろん自身の仕事やタスクなど、結婚前と変わらない部分はありますが、家にいれば一人じゃないんだという安心感は、表現出来ないほど大きなものです。

 

披露展が終わってからも、結婚とは何かについて模索しています。

 

目の前の事をひとつずつ片付ける。

目の前の人の幸せをしっかり願う。

 

小さな事を積み重ねたり、近くの人を想ったり、ミニマムにできる事を考えるようになった気がするなあと、以前より強く感じています。

 

菊地早秋

 

結婚披露展 TSUNAGU

 

●新しい旅のカタチ

人を求めて旅をする

 

主人の旅のカタチは面白い。彼は北から南まで「人」を求めて旅をする。

 

それは友人であったり、故人であったり様々だ。

 

特に印象的であったのは、故人良寛(僧侶)を求めた旅だった。一休さんのモデルとなった僧侶で、わたしたちに本当のアートとは何か教えてくれ、結婚披露展をつくる中で、大いに影響を受けた人物である。

 

この良寛も、彼を通して出会った故人だ。

 

撮影旅行で関わった人々

 

昨年の夏、二週間の撮影旅行へ出かけた際も、彼は「どこ」が見たい、ということよりも、「誰に」会いたい、ということを優先した。

 

カメラマンの其田くんをはじめ、郡上八幡の石川さん、茶畑の松下さん、新潟の創さん、、、たくさんの人に出会った。

 

f:id:hirouten:20180525140741j:image

 

石川さんに至っては、三人で川の字になって一緒に眠る仲にまでなった。

 

f:id:hirouten:20180524171742j:image f:id:hirouten:20180524172247j:image

 

こんな風に、彼の旅は「人」を求めていくものである。

 

私の旅

 

妻である私は、トラベルライターをしていることもあり、焦点をあてるのは「場所」だ。

 

出かけた先の様子を見て、本当におすすめしたくなったものは、記事に仕上げる。ピンとこなければ、記事にすることはない。

 

また、旅に求めるのは「癒し」や、壮大な景色を見た時に沸き起こる内面からの「ヤル気/謙虚さ」などである。

 

運動が好きなことから、旅を通して「体を動かす」という目的もある。

 

f:id:hirouten:20180611121851j:image

 

新しい旅のカタチ

 

彼の「人」を求める旅から学ぶことは多い。新たな人に出会わせてもらい、勉強をさせてもらい、刺激を受け、日々の活動エンジンとなる。

 

彼に「人」を求める旅の良さを問うてみると、「相手が元気にしているんだなと確認できること」と言っていた。

 

また、彼が「人の在り方」や「生き方」に敏感ということも影響しているのだろう。

 

様々な本を読んで、「生き方/考え方」についての感想をよくシェアしてくれることから、そのように感じる。

 

f:id:hirouten:20180525150258j:image

 

彼と私と、旅のカタチは違うけれど、それでもわたしたちはどちらもトラベラーだ。

 

夫婦として、互いのトラベラー精神を共有し続けていきたいと感じている。

 

菊地早秋

●これからどうするの? ~結婚披露展全日程を終えて~

こんにちは。新郎のあきおです。

 

長い期間、この「結婚披露展」というプロジェクトを行い、「おめでとう」と声を掛けられ続けておりましたが、そろそろ新郎ではなくなってきました。(もう婚姻届を提出してから9か月が経ちますし、展示も3か月の間に4会場で計10日間開催しました)

 

このブログが最後の新郎としての記事かなと思っております。(ブログを書くことを終わりにするわけではありませんが。)

 

墨田展での企画内イベント「結婚とは?」
新潟展を終えて
笠間展の様子~オシャレな庭カフェKULAの2階ADACHI HOUSE~
結婚披露展の様子(1枚目:東京都墨田 2枚目:新潟県小千谷 3枚目:茨城県笠間)

 

誰でもアーティストになれる

僕はこの半年とか1年間「私は結婚アーティストです」と自己紹介していました。

 

おそらく、私たちは、自身の結婚を通して「結婚って何だろう」という問いを投げかけた数少ないアーティストであると思います。

 

展示された写真や言葉は一流のものではないけれど、展示会場で展示を見ながらそれぞれが「結婚」に向き合うという場に僕は可能性を感じているのです。

 

 

「音楽はあらゆる知恵や哲学よりも高度な啓示である。」

 

とベートーベンは言いました。

 

私たちが作りだしたのは「音楽」ではないけれど、「結婚とはなんだろう?」という哲学的な課題に、「写真」と「言葉」で答えてきました。新しい試みだったと思っています。

写真パネルにサインをしている様子
常陽リビング紙に掲載されました
(1枚目:アーティストはサインをします笑 2枚目:常陽リビング紙に掲載されました)

しかし、わたしたちは、大変な挑戦をしてきたと思っていますが、これは特別なことではありません。誰でもできることです、誰でもアーティストになれます、みんながアーティストであります、ということを付け加えたいと思います。

 

企画時では想像できなかった開催までの道のり

結婚披露展は僕たちにとって挑戦でした。

誰もやったことのない、「旅×展示」という手法にドキドキしました。

 

昨年、2017年8月に北千住の銭湯と定食屋で前撮りを行い、その5日後には14泊15日撮影旅行に出発しました。なんとなく四国まで行くことは決まっていましたが、撮影しながら旅をして、夕方になれば温泉と車中泊できそうな場所を探す日々でした。

 

僕たちにはすべてがはじめてのことでした。毎日、目の前のことを1つ1つクリヤしていくことに必死だったのです。

前撮りの様子(德田屋とタカラ湯)
f:id:hirouten:20171214130746j:plain
f:id:hirouten:20180531210411j:plain
撮影旅行中の様子(1枚目:旅行中に寝泊まりした車 2枚目:京都での撮影)

今思えば、ウエディングドレスとタキシードの購入、婚約指輪の購入、結婚指輪の制作、撮影、展示物、ホームページ、フライヤー、プレスリリースの作成、ブログの更新、展示会場のアポ、友人・知人へのお知らせなどなどなど

たくさんのタスクがありました。

 

けっこう大変でした。

 

これは展示という手法に限らず「結婚式」を自分たちで行おうとすると、多少内容が異なるにせよ通らないといけない道のりだと思います。

 

そう考えると、本当にウエディング業者にお願いするのがラクです。

 

 

ただ、苦労して分かったことは、通常の「結婚式」の役割について理解し、私たちの「結婚披露展」もしっかりと結婚式の持つ役割をもたせることが出来ました。

 

業者にお願いして通常の「結婚式」をしていたら、結婚式の意味を理解することはなかったかもしれません。

 

結婚式をやって感じた「みんながよく【結婚式はやってよかった】と言う理由」

 「結婚式なんてお金がかかるだけでやらなくてもいい」

 そう思っていました。

 

ただ、なぜか結婚式を開いた友達に「実際、やってみてどうなのよ」と聞くと、「親に言われて一応やったけど、やってよかったよ」とか「やったほうがいいよ」と言われます。

 

結婚披露展を行うまで、その理由がわかりませんでした。

 

@ADACHI HOUSE
結婚披露展の様子(1枚目:展示した写真~新郎新婦の入場~ 2枚目:新潟展 3枚目:笠間展の会場)

実際に、やってみて、結婚式はやったほうがいいと分かりました。

理由は単純で、祝われるのは嬉しいということです。それは展示でも通常の結婚式でも同じだと思います。

 

旅行中にドレス・タキシード姿で歩いていると、知らない人たちから「おめでとう」と声をかけられます。展示中もそうです。みんなが結婚を祝ってくれる。そんな嬉しいことはありません。そして、「久しぶりに花嫁さんを見たわ、ありがとう」と感謝されるのです。

 

もう、本当に、どんな方法でもいいので結婚式はやったほうがいいです!そう思います。

 

また、展示だからこそよかったこと、もあります。それが「みんなを誘える」ことであり、さらには「誘われてなくても行ける」ということです。

 

f:id:hirouten:20180531182834j:plain
f:id:hirouten:20180221170037j:plain
(1枚目:笠間展の会場 2枚目:フライヤー)

最後の笠間展は僕の地元だったのですが、8年ぶり、9年ぶりくらいになる友人たちが来てくれて、思わぬサプライズになりました。(正確には笠間は出身地ではなく、出身地の隣接市です)

 

予想していない友人が、ふらっと来てくれる。これは展示だから得られるサプライズではないでしょうか。

 

これからも続けたい「結婚アーティスト」という職業

結婚披露展の全日程を終了しました。

冒頭に書きましたが、わたしは、そろそろ新郎ではありません。

 

 

ただ、僕は(わたしたちは?)、「結婚アーティスト」であり続けたいと思っています。

 

それは、「結婚」は「結婚したその瞬間」を表しているのではなく「結婚している状態」を示しているからです。

 

わたしたちは、結婚して9か月が経とうとしています。

 

まだまだ「結婚」について考え始めた”ひよっこ” です。これからも「結婚」と向き合い、まずは出来たら今回の「結婚披露展」という新しい形の結婚式について書籍化を目指したいと思っています。

 

今後も、みなさまのご指導を戴きながら「結婚アーティスト」として、そして「人」として、前へ進んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

菊地章雄

 

「結婚披露展」のホームページは以下からご覧ください。

www.hirouten.com

●今後の取り組みと生き方〜全会場を終えて〜

四会場開催を終えて

 

新婦のさきです。

 

2017年6月「結婚式を展示でやろう!」と二人で決めてから約一年が経ちました。

 

「結婚披露展」という企画名のもと、2018年3〜5月の開催を目標に、日々時間を過ごしてきました。

 

そして2018年5月、無事に最後の開催地、茨城県での展示を終えて、「結婚披露展」の大きな波を越えることが出来ました。

 

f:id:hirouten:20180531151221j:image

 

私たちの原点

 

私たちは入籍を決めたときから、結婚って何だろう?とか、結婚式はどうしたらいいんだろう?ということを二人で話し合ってきました。

 

当初海外でフォトウェディングをしよう、という案が有力でしたが、私たちのなかで、「腑に落ちない何か」があったのでしょう。

 

海外でのフォトウェディングは現実とはなりませんでした。

  

現状を知る

 

結婚のことがよく分からなかったわたしは、当時勤めていた会社の空き時間に、様々なデータに目を通した記憶があります。

 

結婚する理由、しない理由、メリット、デメリット等、たくさんの意見がありました。

 

具体的な数値は、結婚披露展ホームページ内の、通称論文「なぜいま披露展なのか?」にてグラフ付きで紹介しています。

 

f:id:hirouten:20180531222950j:plain

続きを読む