これからの結婚式ー結婚披露展という選択ー

結婚とは何か?結婚式とは何か?2017年結婚を予定している二人のブログです。これからの結婚式として、結婚披露展示会という新しいモデルの結婚式を考えました。現在、結婚披露展を開催すべく、日々準備を進めているところです。結婚について考えたことや、結婚披露展までの準備の様子、その他コラムなど幅広く文章を綴っています。http://www.hirouten.com/

●あきおさんと絵本

※いつものブログは「だ」「である」調で書いていますが、今日は「です」「ます」調で書きます。

 

菊地章雄と絵本

 

わたしの彼、あきおさんは絵本にとても詳しいです。おうちには沢山の絵本が置いてあり、本屋さんへ一緒に行くと、絵本コーナーを必ず見ます。

 

新しい絵本を買うと、いつも読み聞かせてくれます。自ら絵本のストーリーを考えることも上手です。

 

わたしも小学校低学年の頃までは、お母さんが寝る前に読んでくれていたので、絵本は大好きです。

 

でも、大人になるにつれて読まなくなりました。

 

あきおさんは、絵本こそ大人に読んでもらいたいものだと言います。絵本には「思考の隙間」があるそうです。

 

思考の隙間ってなんだろう?

 

 わたしはこれまでにあきおさんから貰った絵本のうち、二冊を読んで「思考の隙間」とはなにかということを、考えてみることにしました。

 

村上春樹訳「おおきな木」

 

 f:id:hirouten:20170715195027j:image

 

まず一冊目は、村上春樹さんが翻訳している「おおきな木」です。少年と、仲良しの木のお話です。

 

小さい頃から少年と木はいつも一緒に遊んでいましたが、少年が大きくなるに連れ、木から離れていってしまいます。

 

結末はぜひ絵本をお読み頂きたいですが、わたしはこの絵本をじっくり読んで、あきおさんの言う、「思考の隙間」を感じてみることにしました。

 

するとどうでしょう。じわじわと、胸のなかから、自分で考えたアイディアや意見がぽっと出てきました。

 

それは、誰かと一度作った縁は簡単には切れなくて、近くにいても、遠くにいても、ずっと誰かの胸のなかに存在することになる、というものでした。

 

一度しか会ったことのない人でも、一度会うだけで、印象って残ります。何度も会う人なら、もっともっと印象に残ります。

 

そんな縁をいっこいっこ、大切にしていこう。おおきな木を読んで、そんな風に感じました。

 

絵本のなかには、こんな解説は書いてないですし、わたししか上記の感想を持たないかもしれません。

 

しかし、絵本を読むと、細かい解説が無い分、自分のなかに「自由な発想」を持てることに気が付きました。あきおさんの言う「思考の隙間」に一歩近付いたような気がしました。

 

荒井良二「あさになったのでまどをあけますよ」

 

f:id:hirouten:20170715200827j:image

 

続いて読んだのは、荒井良二さんの「あさになったのでまどをあけますよ」です。

 

この絵本は詩集のようになっています。美しい絵が何ページにもわたって描かれています。

 

お気に入りのページを載せます。

 

f:id:hirouten:20170715201155j:image

f:id:hirouten:20170715201207j:image

 

こんなペースで物語は最後まで進んでゆきます。この絵本を読んで「思考の隙間」を意識してみました。

 

するとどうでしょう。またじわじわと胸のなかから、ぽっとアイディアが浮かんできたのです。

 

それは、生き方って様々だし、みんな違うことにいいよなぁと思い、人それぞれ違うツボがあるんだから、自分がいいなって思うことを思う存分に大事にしていいんだ。ということでした。

 

絵本のなかには、絵と詩しかないので、もちろんこんな解説は、どこにも書いてありません。

 

自分で持った感想なのです。

 

いかがでしょう?

 

わたしはここまできて、あきおさんの言う、「絵本には思考の隙間がある」の意味が、なんとなく理解出来てきたような気がしました。

 

思考の隙間とは、サンタクロースからもらうプレゼントのようなものだったんだと気が付きました。

 

サンタクロースからのプレゼントとは、「夢」です。ここで言う「夢」とはまさに「自由な発想」のことです。

 

サンタクロースには、皆それぞれが欲しいものをお願いして、色々なプレゼントを貰います。

 

皆同じことはないのです。それぞれ願ったものがプレゼントされるのです。

 

絵本と似ています。絵本を読み終えたあと、皆それぞれが違った感想を持ちます。そして、それぞれがポジティブな教訓を得ます。

 

絵本がすごいと思うのは、ネガティヴになりにくいということです。絵本は可愛らしいので、頑張らなくてもポジティブな教訓を得ることが出来るのです。

 

「思考の隙間」とは、サンタクロースからのプレゼントに似ているものでした。

 

すなわち、人それぞれが持てる夢(=自由な発想)そして、ポジティブな人生教訓だったのです。

 

と、ここまで勝手に解釈してきましたが、あきおさんの言う「思考の隙間」とは全く違う理解になっているのかもしれません。(もしそうだったらあきおさんごめんよ。)

 

多様な人、多様な生き方

 

あきおさんは常日頃から、多様な人が多様な生き方ができる社会を作りたいと言います。絵本には、そんな想いを紡ぐチカラがあると感じました。

 

ぜひ、サンタクロースからのプレゼント(夢=自由な発想、ポジティブな人生教訓)を授かりたい方は、あきおさんまでお問い合わせ下さい。

 

きっと今のあなたにぴったりの絵本をおすすめしてくれますよ。そして、もっともっと色んな絵本にまつわるエピソードを語ってくれるかもしれません。

 

(来年春の披露展では、Ehon & Live という企画も検討中ですので、あきおさんの読み聞かせが聞けますよ。お楽しみに♩)

 

佐藤早秋

 

www.hirouten.com

 

●どうして結婚指輪をつくることにしたのか?

わたしたちは結婚指輪を手作りすることにした

 

《結婚指輪の作成の様子は http://hirouten.hatenablog.com/entry/hirouten-kekkonyubiwa-handmade をご覧ください。本ブログの中では、指輪を作ることにした、わたしたちの考えについて書きます。》

 

f:id:hirouten:20170630225500j:plain

 

結婚指輪をつくることにしたのは、当初は直観であった

 

「結婚指輪つくらない?」

「うん、そうしよう!」

 

結婚指輪をつくることに関して、掘り下げて考えることは当初なかった

 

しばらくして、「なんで結婚指輪をつくることにしたんだっけ?」と振り返りながら話しをした

 

 

趣味で陶芸をする彼女・早秋は「自分で作ったお茶碗には思い入れがあるから大切に使う、きっと指輪もそう」と話す

 

僕もその意見に共感した

 

f:id:hirouten:20170704144612j:plain

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

わたしたちは、結婚を実感できる結婚式を目指している

 

「これからの結婚式」に必要なものは、結婚する二人が結婚したことを心から理解することだと思う

 

結婚式の準備で慌ただしく過ぎていくことはしたくない

 

結婚指輪もその1つの課程だと思う

 

結婚指輪を手作りする時間は結婚を実感する時間になるのではないだろうか

 

f:id:hirouten:20170704144638j:plain

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

指輪は1時間半程度の時間で作ることが出来た

 

思ったより短いその時間には、集中する場面が多かった

 

指輪の型になる❝青いろう❞を切り・削る中で、わたしたちは、ウエディングドレスとタキシードを着て指輪をする姿を想像した

 

f:id:hirouten:20170630225807j:plain

 

不格好でも想いが込められた指輪にしたいと思っていたが、綺麗に出来たのではないかと思う

 

わたしたちは1歩1歩、結婚することについて理解を深め、「結婚ってなにか?」という問いに対して答えを見つけられているように思う

 

菊地章雄 

 

www.hirouten.com

●結婚指輪作り

わたしたちは、記念に残るように、自分たちで結婚指輪を手作りすることに決めていた。

 

先日、結婚指輪を作ってきたので、その様子をお伝えしたい。

 

●手作り結婚指輪

 

当日を迎える前日まで、指輪の裏面に何の文字を入れるか何度も話し合った。当日の朝にやっと決まった。

 

向かったのは、茨城県水戸市。指輪作りの職人さんが、デザインの話し合いから作業終了まで、付きっきりでご対応くださった。

 

アトリエはわたしたち夫婦と、職人さんの3人しかおらず、集中できる雰囲気だった。

 

まず、指輪のイメージを話し合った。わたしたちの指輪は、シンプルなデザインだ。表面は、ツルツルなタイプと、マットなタイプで迷ったが、マットなものに決めた。

 

素材はプラチナだ。色は少し黒みがかったような光り方をする。

 

女性用のものは細めがよかったため、無理を言って、細さを1.5mmにしてもらった。

 

続いて、指のサイズを測る。関節の太さをチェックしてもらい、見本の指輪をはめて、最終サイズを確定する。

 

30分程で指輪の話し合いが済むと、作業に入る。

 

わたしたちは、お互いがお互いに向けて、指輪を作ることにした。

 

f:id:hirouten:20170630225230j:image

 

このような作業台で作業を行う。

 

f:id:hirouten:20170630225300j:image


作業台は二つ繋がっており、すぐ隣で作業を行う。

 

f:id:hirouten:20170630225346j:image

 

青い筒のようなものが指輪の型となる。今回は、これを自分たちの指輪の形に仕上げていく。

 

原材料はロウソクのようなものだそうで、火にかけると溶けるらしい。

 

f:id:hirouten:20170630225419j:image


小さめのノコギリのようなもので、長い青い筒を細く切っていく。

 

最初は少し力を入れて、溝をつくり、その溝を深めていく感じで、最終的には切り落とす。

 

そして、職人さんが円の内側に薄く線を引いてくれたところまで、ヤスリでひたすらに削る。

 

f:id:hirouten:20170630225500j:image


金属のヤスリで、消しゴムをゴシゴシするように、ヤスリに当てていく。

 

f:id:hirouten:20170630225514j:image


銀色の机部分に青いチリのようなゴミがたくさん散っているのが分かる。

 

このチリはとても細かいため、ズボンにつくとなかなか取れない。

 

次の作業は、男性のリングだけに必要なものだ。男性用のリングは、女性用のリングよりも一工程多い。

 

リングの内側をサイズに合わせて広げる作業があるのだ。専用の機械を使って、内側の不必要な部分をくるくると削り落としていく。

 

f:id:hirouten:20170630225610j:image


この作業が最も苦戦する人が多いと教えて頂いた。確かに力加減が難しく、コツが必要な作業であった。

 

f:id:hirouten:20170630225647j:image


大体が削れてきたところで、紙ヤスリに移行する。

 

f:id:hirouten:20170630225706j:image


リングの側面に当たる部分は専用の棒に入れて、ヤスリを当てていく。

 

f:id:hirouten:20170630225745j:image


今回作りたいのは、丸みを帯びたリングのため、角を削る作業もある。

 

こちらも紙ヤスリで慎重にゴシゴシしていく。

 

f:id:hirouten:20170630225807j:image


ここまでくればほぼ完成だ。指輪の型が出来上がった。

 

作業時間は、大体1.5時間程度だったかと思う。

 

ここから完成まではまた、1ヶ月ほどかかる。

 

職人さんの指導及びアドバイスが的確だったため、とても楽しく、スムーズに作業が進んだ。

 

結婚指輪を手作りすることで、思い出を増やすことができ、よかったと思っている。

 

佐藤早秋

 

店舗情報

シルバーメイトユン

http://silvermate-yun.jp/

 

www.hirouten.com

 

●SWITCHさん・MAIさんの「結婚お披露目展」に行ってきました

結婚お披露目展へ

 

友達が、大阪でわたしたちと同じような展示という形態で「結婚お披露目」をしようとしているよと教えてくれたのが、7月12日(水)のこと。その展示は14日(金)より3日間の会期でした。

 

土日は予定が入っていましたので、その日の夜行バスで大阪に向かうことにしました。

 

いつもは腰が重いタイプですが、今回は「行くしかない」なぜか思ったのです。

 

peraichi.com

 

結婚お披露目展の様子

 

会場はここ(↓)でした。カフェの2階です。

 

f:id:hirouten:20170719231343j:plain

 

「結婚お披露目展」はアーティストな2人による作品展示がベースになっています。

 

幅広い交友関係がある2人は、「結婚式に友達を呼ぼうと思ったとき座席を決めるのが不可能」と言っていて、

 

それは、わたしたちの《みんなに来てもらいたい 来てくれた人とゆっくり話したい》という想いと重なりました。

 

親族のみで海外で挙式を行い、友人への披露の場として展示を選んだのだそうです。

 

 

f:id:hirouten:20170719231338j:plain

 

展示物の制作においては、友達の力も借りて2人の納得のいくものを作っている。

 

展示をすると決めたとき、「流木を拾いに行こう!」からスタートしたらしい。新郎のSWITCHさんはシルクスクリーン職人。結婚お披露目展で展示・販売されていたのはシルクスクリーンで印刷されたミラーやフレームなどでした。

 

 

f:id:hirouten:20170719231346j:plain

 

また、後輩の芸術家が「花(鼻)」をお祝いに持ってきてくれたらしい。

 

後輩がこの鼻をもってきてくれたのは前日のこと。打ち合わせもなく、いきなりだったそうです。見事に会場の装飾とマッチしています。

 

f:id:hirouten:20170719231418j:plain

 

展示スペースは広くありませんが、同じくらいの広さのバーが反対側にあります。

 

夜は、反対側のバーでお酒を注文することが出来るらしく、この会場の良さの一つです。新郎新婦とゆっくりお酒を飲みながら、思い出話が出来そうですよね。

 

f:id:hirouten:20170719231423j:plain

 

右手に展示されているのがフラッグ。イラストレーターの経験があり、現在WEBデザイナーの新婦MAIさんのデザインです。新郎のSWICTHさんのシルクスクリーン印刷です。このブログの先頭に2人のホームページのリンクを貼りましたが、ホームページもMAIさんのデザイン

 

ご祝儀はどうする?

 

f:id:hirouten:20170719231425j:plain

左側には、フレームやミラーが展示されています。

 

価格はフラッグが2000寿で、フレームやミラーは5000寿とか7000寿くらいだったと思います。(覚えていなくてすいません)

 

レートは1寿=1円です。

 

結婚式場で行う披露宴では食事を提供できますが、展示ではそのようなおもてなしはできません。同じようにご祝儀を頂くことは、少し悩んでしまいます。

 

2人はご祝儀を頂くのではなく、展示物を買ってもらい、長く使ってもらいたいと考えていました。家に飾りやすいデザインになっていて、見ていると微笑ましくなります。

 

わたしもフラッグを1点購入しました。わたしたちの結婚披露展でも展示したいと思っています。

 

f:id:hirouten:20170719231428j:plain

 

新しい結婚式の形

 

ひっそりとベールもかけられていました。海外で挙げた結婚式の衣装はレンタルだったようですが、ベールだけは購入したそうです。

 

ベールを展示したことによって、2人の作品展示が結婚のお披露目になっています。

 

わたしたちも、いい結婚披露展を作らないといけないなぁと刺激になりました。

突然、お邪魔してしまいSWITCHさん、MAIさん、ありがとうございました。末永くお幸せに。

 

菊地 章雄 

 

www.hirouten.com

 

●ブライダル銭湯

f:id:hirouten:20170711190144j:image 

 

週に一度、銭湯へ行っている。

 

最近メディアなどで、都内で住みやすい穴場スポットとして取り上げられるようになった下町、北千住。

 

家から徒歩10分圏内に、4軒の銭湯がある。

 

かつて町の銭湯は、石を投げれば風呂屋に当たる、と言われていたほど、数が多かった。

 

近年は、後継者や経費の問題で、銭湯を閉めるオーナーさんも多く、北千住エリアだけでも、最盛期の四分の一程度にまで数が減っている。

 

家庭用の風呂が普及したことももちろん影響している。

 

それでも町の銭湯へ通う住民はまだまだ居る。ご近所のおばあちゃん同士で、体を洗いながら会話をする姿が印象的だ。

 

銭湯へ行き、その独特な空間で過ごす時間は瞑想の瞬間に近い。

 

体を清め、あたため、リラックスするという、風呂に入ることの目的を超え、町の銭湯は、自分と向き合う絶好の場所となる。

 

滝のような水の音、浴場いっぱいにもくもくしている湯気、珍しい薬草風呂の香り。

 

日常のなかで感じられる非日常的な瞬間だ。

 

----------------------------------------------------------------

 

ところで、結婚式を控えた女性はブライダルエステに通うことがある。ゼクシィカップルのホンネ通信2008によると、挙式1〜3ヶ月前にエステに通う人は97%にのぼる。

 

挙式予定の花嫁のほぼ全員がブライダルエステに通っていることになる。

 

式本番前に綺麗になっていたいと考えるのは、女性としてごく自然な発想なのかもしれない。

 

ゼクシィ結婚トレンド調査2015によると、ブライダルエステ費用の全国平均は、8.6万円だ。(アンケート調査対象はブライダルエステをした全国の新婦。)通う期間が長ければ長いほど金額も上がっていく。なかには20万円台のコースもある。

 

----------------------------------------------------------------

 

さて、銭湯に話は戻る。

 

北千住の銭湯は湯の温度がとても高い。温度計は平均して43度を指している。時には44度になっていることもある。

 

足を湯船に入れると、肌が赤らんでくるのがよく分かる。湯に浸けている部分と、浸けていない部分で、まるで靴下を履いているかのようなくっきりした跡がつく。

 

湯船には何度も出たり入ったりすると、体が芯から温まり、発汗もしやすくなり、デトックスに繋がる。

 

何度も湯船を出入りすること、物思いに耽ること、この二つが合わさって、長いときは二時間ほど浴場にいることがある。

 

それほど銭湯という空間は、飽きがこない。

 

写真撮影をする挙式旅行、そして、来年の披露展に向けて、心身ともに定期的なデトックスをしようと、以前より意識して銭湯へ通うようにしている。

 

契約書を交わす必要もなく通える銭湯。

好きな時間に、好きな時に行ける銭湯。

 

身近な暮らしを利用して、結婚式に

備えることができるかもしれない。

 

「ブライダル銭湯」だ。

 

 

♨︎おまけ♨︎

銭湯フリーペーパー「銭湯といえば足立」で、連載ライターをしています。足立区の銭湯情報が掲載された、地域のローカルフリーペーパーです。2017年7月現在、62号目が発行されています。

 

足立区内の全銭湯、全駅、5つの大学、全図書館、そのほか公共施設で配布しています。北千住へお越しの際は、「銭湯といえば足立」をお手元に、ぜひ銭湯へお立ち寄りしてみてはいかがでしょうか?♩

 

参考URL

銭湯といえば足立|足立区浴場組合 - 銭湯といえば足立|足立区浴場組合

  

佐藤早秋

 

www.hirouten.com