結婚披露展 TSUNAGU

菊地章雄・佐藤早秋の結婚を写真でお披露目する 「結婚披露展TSUNAGU」を開催する新婚二人によるブログです。結婚をテーマにした記事、写真展までの準備の様子、コラムなど幅広く綴っています。http://www.hirouten.com

●展示は静かなアートだからこそ(墨田展を終えて)

展示は静かなアート

 

結婚披露展(わたしたち菊地夫婦の結婚式を展示形式で行うという企画)第二弾(墨田展)を無事終えることができました。

 

新郎新婦、それぞれの知人が入れ替わり立ち替わりやって来て、おしゃべりして、ゆったりとした時間を過ごしました。

 

鎌倉展、墨田展、ともに会場のオーナーさんにも恵まれ、オーナーさんとのコミュニケーションも貴重な時間です。

 

f:id:hirouten:20180408233515j:image

 

改めて、わたしたちの結婚式の形を振り返ると、静かなアートだと思います。写真を展示してあって、それをゆっくりじっくり見てもらうからです。

 

映画や演劇、ライブ、漫才などと違い、音もなく、静かなものです。迫力が少なく、作品の影響を瞬時に受けにくいものなので、作品を見る人(読み取る人)の心次第で、感じることが変わりやすいと思います。

 

言い換えると、動的アートと比較して、静的アートは個々人の心にふっと浮かぶ自由な発想が得やすい。

 

f:id:hirouten:20180409000614j:image

 

感じることは自分の中で実らせる

 

先述したように、静かなアートって、見た人のなかに「自発的な教訓や、ヤル気」を生みやすいものなのかと思います。

 

それは、作品自体が静かなものなので、「自らが」何かを感じ取っていかないといけないからです。

 

わたしたちの結婚の展示も同じです。見た人が自由にさまざまな感想を持ってもらえたらいいと考えます。

 

f:id:hirouten:20180409000857j:image

 

来場者のやる気が満ちていく

 

「自分もパートナーを大切にしようと思ったよ!」

「自分も色々頑張ろうと思ったよ!」

「人生の刺激を受けたよ!」

 

展示を見てくれた方々より、こんなお言葉をいただくことがあります。

 

展示は静かなアートですが、「それぞれがそれぞれの心のなかに、何かを生み出し、ポジティブな気持ちで会場を去ってくれる。」これが最も嬉しいことでした。

 

わたしたちの展示自体に感動しなくても良いのです。展示が発端となり、「見てくれた人のなかに、何かが芽生え、やる気が出ていく。」

 

そんな循環を感じ取ることができて、展示という静かなアートを選んでよかったなと、安堵しています。

 

菊地早秋

 

f:id:hirouten:20180409001537j:image

 

結婚披露展 TSUNAGU