結婚披露展 TSUNAGU

菊地章雄・佐藤早秋の結婚を写真でお披露目する 「結婚披露展TSUNAGU」を開催する新婚二人によるブログです。結婚をテーマにした記事、写真展までの準備の様子、コラムなど幅広く綴っています。http://www.hirouten.com

●親へ「ありがとう」が言いやすくなった

親への気持ち

 

27歳になった。9月に婚姻届を出して、苗字が変わった。親とは違う名前になった。

 

大人になるにつれ、親への感謝の気持ちが深まっていく。これまで親が通ってきた道を、いま、自分も歩いており、苦労が分かるようになったからだ。

 

●「倍返しだ!」とんでもない夫婦円満の秘訣3選 - 結婚披露展 TSUNAGU

●結婚することは夢だけど、結婚は現実 ~だからこそ現実を楽しんだら?~ - 結婚披露展 TSUNAGU

 

 f:id:hirouten:20171227140152j:image

 

お父さんの苦労

 

お父さんは大学を卒業してから今まで、ずっとサラリーマンだ。毎朝6時に起きて、新聞を読みながら朝ごはんを食べ、7時になるかならないかくらいの時間には会社へ出発だ。

 

わたしがお父さんの苦労を知ったのは、大学を卒業し、自分も会社で働き出してからだった。

 

働き出して、毎朝会社に行くことが、とても大変なことを知った。雨の日も風の日も、満員電車に揺られ、会社に向かう。

 

やっと到着した会社では、複雑な人間関係、膨大な事務処理、新しい業務へのプレッシャーなどなど沢山の不安がある。

 

終業時間がきて、やっと家路につけると思ったら電車遅延。お腹が空いたなぁ。

 

そんな風にお父さんと同じ経験をして、わたしはお父さんに感謝するようになった。毎朝会社に出かけていくお父さんが会社で何をしているか、自分が働くまで知らなかった。想像も出来なかった。

 

でも、今なら分かる。お父さんは大変だ。だから、いま、わたしや兄の学費を捻出するために働いてくれたことに感謝している。

 

実家へ帰ったとき、二人でよく銭湯へいく。これは "今" だから出来ること。

 

f:id:hirouten:20171217171648j:image

 

お母さんの苦労

 

お母さんの苦労は結婚してから、初めて知った。お母さんは会社へ行かず、家で仕事をしている。家で仕事をする分、自由度が高いため、家事もお母さんがやる。

 

こうやって「家事」と簡単に言うけれど、「家事」を分解すると、実に多くのことがある。

 

朝のうちに洗濯をする

洗濯物を干す(寒い日は鬼)

掃除する

買い物へ行く(家族がなにを食べたら喜ぶか悩む)

ご飯を作る(どれくらいお腹空いたかな、栄養足りるかな、美味しくできるかな)

待つ(今日は何時に帰ってくるのだろう)

 

「家事」の一部を書いたけれど、他にもいろいろある。一人暮らしのときとは、心理的に全く異なる次元のお話なのだ。

 

お母さんの苦労が今ならわかる。お母さんは「家を守る人」であったのだ。誰かが帰ってくるまで、家をいつものように、守る、保つ。

 

そしてもう一つ、お母さんは「愛の人」だった。家事というのは、愛情がなければ到底できない。

 

お父さんの帰りを待ち、お母さんはひとり家を守り、一体誰を頼りに生きていたのだろう。

 

きっと世間のお母さんたちも同じだ。家を守る人は、忍耐強く、持久力がある。日々同じ作業を楽しみながらやらないといけないからだ。

 

そして、愛情という心を持って生きている。

 

f:id:hirouten:20171217171224j:image

 

ありがとうって今なら言える

 

お父さん、お母さんには、今なら素直にありがとうって言える。わたしも気持ちがわかったから。他者の気持ちを理解できるとき、他者へ優しくなれる。自分もその苦労や辛さを知っているから。

 

f:id:hirouten:20171217171827j:image

 

だから、ありがとう。

 

大人になるって、両親に対して素直になること。家族になるって、本当の愛情について、考えさせられること。

 

菊地早秋

 

www.hirouten.com