結婚披露展 TSUNAGU

菊地章雄・佐藤早秋の結婚を写真でお披露目する 「結婚披露展TSUNAGU」を開催する新婚二人によるブログです。結婚をテーマにした記事、写真展までの準備の様子、コラムなど幅広く綴っています。http://www.hirouten.com

●来場者の三大負担を考慮した結婚式の実現

1「披露展は一人でフラッと来てもらう」がモットー

 

友達の結婚式、誘われたけど、なんとなく不安に思ったことありませんか?

 

"友達の結婚式呼ばれたけど、その人関係の知人があまりいないし、式の当日おはなしする人いるかなあ?"

 

"友達の結婚式呼ばれたけど、そのコミュニティ内で久しぶりに会う人が多すぎてなんだかためらわれる、不安だなあ。"

 

 

"みんなで式当日の待ち合わせ時間や集合場所決めるとか、プレゼント考えるとか、そんなに親しくない知人同士で話すって気を使うし、億劫だなあ。"

 

上記のような気持ち、無意識のうちにでも、チラッと感じたことある人って多いと思います。

 

結婚をお祝いしたい気持ちは充分あるのに、式当日のことが不安で負担になってしまう。なんか行くのが怖い等々。

 

f:id:hirouten:20180426083936j:image

 

結婚披露「展」は、いわゆる写真展ですので、「一人で」来た方がむしろじっくり見ることが出来ます。

 

誰かと一緒に行くことや、当日の不安感は全く抱くことなく、フラフラ〜っとお越し頂くことができます。

 

2018/04末現在、二会場を終えましたが、この点を大きなメリットと捉えることが出来るかなと感じています。

 

f:id:hirouten:20180426084126j:image

 

2「ご祝儀は要りません」がモットー

 

結婚式挙げるんだおめでとう!!!(、、、えっと何月だっけ。その月はご祝儀代3万円確保だな、うん。)

 

こんな風にご祝儀のため、お金をやりくりしますね。

 

 

ご祝儀やヘアメイク、レンタルドレス代等々の金額が負担になるか、ならないか、それは個々人のお財布事情によりますが、少なくとも「数万円の出費」という意味では変わりません。

 

結婚披露展は、ご祝儀不要、入場料無料を大きく掲げています。誰でも経済的(及びそれに伴う精神的)負担なく、お越し頂けることを重視しています。

 

f:id:hirouten:20180426085933j:image

 

わたしたちもかなりラフな格好で皆様をお出迎えしました。

 

(広告)おしゃれDIYウエディングの作り方 TRUNK BY SHOTO GALLERY

 

 

f:id:hirouten:20180426191826j:image

 

鎌倉展ではジーパンとワイシャツと蝶ネクタイ(手作りしました)、墨田展では少しフォーマルなジャケットとワンピース。

 

f:id:hirouten:20180426191944j:image

 

3「好きな時間に来てください」がモットー

 

土日って家族サービスのため、自己研鑽のため、理由は様々ながら、大切にとっておきたい曜日かと思います。

 

結婚式開催にあたり、来てくれる方のスケジュール調整に無理が生じないようにしたい、そのように考えました。

 

結果、わたしたちは各会場の開催期間を2〜3日、時間も昼過ぎ〜夕方もしくは夜までと長く確保することを意識しました。

 

好きなときに来てもらい、予定を組み立てやすくすることを大切にしました。

 

わたしたちも長丁場のイベントとなりましたが、終了後、その土地土地で、二人で食事をしながら反省会や思いの共有をすることが出来ました。

 

f:id:hirouten:20180426091611j:image

 

まとめ

 

"三代負担を軽減していきたい"

 

hirouten.hatenablog.com

 

そのような思いが結婚披露「展」を生み出すきっかけにもなっています。

 

実際にその思いを「結婚披露展」という形式で実現することができましたが、これから実際にお越しくださった方より声を集めてみたいとも考えています。

 

菊地早秋

 

結婚披露展 TSUNAGU