これからの結婚式ー結婚披露展という選択ー

結婚とは何か?結婚式とは何か?2017年結婚を予定している二人のブログです。これからの結婚式として、結婚披露展示会という新しいモデルの結婚式を考えました。現在、結婚披露展を開催すべく、日々準備を進めているところです。結婚について考えたことや、結婚披露展までの準備の様子、その他コラムなど幅広く文章を綴っています。http://www.hirouten.com/

●ブライダル銭湯

f:id:hirouten:20170711190144j:image 

 

週に一度、銭湯へ行っている。

 

最近メディアなどで、都内で住みやすい穴場スポットとして取り上げられるようになった下町、北千住。

 

家から徒歩10分圏内に、4軒の銭湯がある。

 

かつて町の銭湯は、石を投げれば風呂屋に当たる、と言われていたほど、数が多かった。

 

近年は、後継者や経費の問題で、銭湯を閉めるオーナーさんも多く、北千住エリアだけでも、最盛期の四分の一程度にまで数が減っている。

 

家庭用の風呂が普及したことももちろん影響している。

 

それでも町の銭湯へ通う住民はまだまだ居る。ご近所のおばあちゃん同士で、体を洗いながら会話をする姿が印象的だ。

 

銭湯へ行き、その独特な空間で過ごす時間は瞑想の瞬間に近い。

 

体を清め、あたため、リラックスするという、風呂に入ることの目的を超え、町の銭湯は、自分と向き合う絶好の場所となる。

 

滝のような水の音、浴場いっぱいにもくもくしている湯気、珍しい薬草風呂の香り。

 

日常のなかで感じられる非日常的な瞬間だ。

 

----------------------------------------------------------------

 

ところで、結婚式を控えた女性はブライダルエステに通うことがある。ゼクシィカップルのホンネ通信2008によると、挙式1〜3ヶ月前にエステに通う人は97%にのぼる。

 

挙式予定の花嫁のほぼ全員がブライダルエステに通っていることになる。

 

式本番前に綺麗になっていたいと考えるのは、女性としてごく自然な発想なのかもしれない。

 

ゼクシィ結婚トレンド調査2015によると、ブライダルエステ費用の全国平均は、8.6万円だ。(アンケート調査対象はブライダルエステをした全国の新婦。)通う期間が長ければ長いほど金額も上がっていく。なかには20万円台のコースもある。

 

----------------------------------------------------------------

 

さて、銭湯に話は戻る。

 

北千住の銭湯は湯の温度がとても高い。温度計は平均して43度を指している。時には44度になっていることもある。

 

足を湯船に入れると、肌が赤らんでくるのがよく分かる。湯に浸けている部分と、浸けていない部分で、まるで靴下を履いているかのようなくっきりした跡がつく。

 

湯船には何度も出たり入ったりすると、体が芯から温まり、発汗もしやすくなり、デトックスに繋がる。

 

何度も湯船を出入りすること、物思いに耽ること、この二つが合わさって、長いときは二時間ほど浴場にいることがある。

 

それほど銭湯という空間は、飽きがこない。

 

写真撮影をする挙式旅行、そして、来年の披露展に向けて、心身ともに定期的なデトックスをしようと、以前より意識して銭湯へ通うようにしている。

 

契約書を交わす必要もなく通える銭湯。

好きな時間に、好きな時に行ける銭湯。

 

身近な暮らしを利用して、結婚式に

備えることができるかもしれない。

 

「ブライダル銭湯」だ。

 

 

♨︎おまけ♨︎

銭湯フリーペーパー「銭湯といえば足立」で、連載ライターをしています。足立区の銭湯情報が掲載された、地域のローカルフリーペーパーです。2017年7月現在、62号目が発行されています。

 

足立区内の全銭湯、全駅、5つの大学、全図書館、そのほか公共施設で配布しています。北千住へお越しの際は、「銭湯といえば足立」をお手元に、ぜひ銭湯へお立ち寄りしてみてはいかがでしょうか?♩

 

参考URL

銭湯といえば足立|足立区浴場組合 - 銭湯といえば足立|足立区浴場組合

  

佐藤早秋

 

www.hirouten.com