結婚披露展 TSUNAGU

菊地章雄・佐藤早秋の結婚を写真でお披露目する 「結婚披露展TSUNAGU」を開催する新婚二人によるブログです。結婚をテーマにした記事、写真展までの準備の様子、コラムなど幅広く綴っています。http://www.hirouten.com

●銭湯フリーペーパー撮影&完成報告

ウェデイングの装いで初めての撮影

 

わたしが関わっている銭湯フリーペーパーの表紙を二人で飾らせて頂くことになっており、撮影を行ってきた。

 

(撮影日8月26日時点で)二人がウェディングの装いで人前に出るのは初めてだ。撮影はプロのカメラマンのもと、行われた。

 

f:id:hirouten:20171001021141j:image

 

銭湯とタキシード

 

銭湯は暑い。湯がいつも沸いていて、夏でも容赦なく湯気が出続ける。

 

昨日の撮影時も、浴場は暑く、蒸していた。

 

タキシードは、ワイシャツとベスト、その上からジャケットを着るため、夏場は本当に暑い。

 

銭湯とドレス

 

ドレスはワンピースタイプのもので、足元が悪くならないよう短めの丈を選んだため、銭湯でも歩きやすかった。

 

浴場では、裸足だ。カラカラに乾いた浴場の床の暖かさが印象的だった。

 

ウェデイングらしいシーンをつくる

 

f:id:hirouten:20171001023452j:image

 

まず、ウェデイングの写真を撮るときに、男性と女性の立ち位置を確認した。

 

一般的には、自分達から見て、男性が右、女性が左に立つようだ。それに従い撮影を進めた。

 

タキシードとウェディングドレスを着ていると、立っているだけでも絵になるようで、正面を向いて、笑顔の写真を何枚も撮った。

 

そのほかチャレンジしたのは、向き合って手を握るシーン、お姫様抱っこのシーン、浴槽のふちに座って微笑むシーン、お互いの頬にキスをするシーン。

 

f:id:hirouten:20171001021335j:image

 

様々なカットに挑戦した。

 

 被写体になるということ

 

初めてのタキシード、そして、ウェディングドレス。正装姿で人前に出て、シャッターを押されるという経験を、この時初めてさせて頂いた。(撮影日8月26日時点)

 

嬉しさと、幸福感と、緊張感と、恥ずかしさと、様々な思いが映し出された二人の表情になっているだろう。

 

そんな風に、フリーペーパーの完成を待っていた。

 

f:id:hirouten:20171001021102j:image

 

10月1日フリーペーパー配布解禁

 

フリーペーパーが完成し、配布が開始されている。足立区内の銭湯、学校、駅などの公共施設でご覧頂ける。

 

また、来年の結婚披露展でも、こちらのフリーペーパーは展示予定だ。

 

 f:id:hirouten:20171001022226j:image

 

わたしたちの撮影にご協力くださった方々に深く御礼申し上げます。

Special Thanks to 

Akio Kikuchi

Fumie Kashiwabara

Shima Kawanabe

Koichi Matsumoto

Yu Hosoda

 

菊地早秋(佐藤早秋)

 

 

 これからの結婚式|結婚披露展という選択|結婚ってなに?