結婚披露展 TSUNAGU

菊地章雄・佐藤早秋の結婚を写真でお披露目する 「結婚披露展TSUNAGU」を開催する新婚二人によるブログです。結婚をテーマにした記事、写真展までの準備の様子、コラムなど幅広く綴っています。http://www.hirouten.com

●お茶畑でフォトウエディング

 

お茶畑でフォトウェディング

ドレスとタキシードを着て撮影旅行をすることにした私たち。

 

どこで撮影するか考えていて思い浮かんだ1つが“お茶畑”だった。お茶畑という日本ならではの景色の中で、真っ白いウエディングドレスが映えた。

 

f:id:hirouten:20170929184223j:plain

新茶

 

ヤマニ製茶の松下さんと出会った“ヤッチャバ”

お茶畑でのフォトウェディングは、静岡県掛川市のヤマニ製茶松下さんにお世話になった。

 

松下さんとは4年ほど前“ひきふね青空市ヤッチャバ”で出会った。

 

“ぼく”は栗農家として、自分の作った野菜と、地域のじーちゃんばーちゃんが作った野菜を東京都墨田区ファーマーズマーケットで販売していた。それは2012年からのことで、2016年7月まで毎週土曜日に訪れていた。

 

都内に様々なファーマーズマーケットがある中で、ヤッチャバが突出しているのは消費者との距離感だ。寒い日にお客さんからのあたたかい差し入れが本当にうれしい。

 

出店者はみんな「販売に行く」というよりも「地域のうまいものを届けに行く」という感覚が強いだろう。

 

すみだ青空市ヤッチャバ – 食を介して人をつなぐ。人を介して地域をつなぐ。

 

 

お茶工場で働いてみる

 

松下さんもヤッチャバの出店者だ。掛川で育ったお茶を販売している。

 

昨年の春、お茶工場ってどうなっているのだろうと気になり、3日間松下さんのところで働かせていただいた。

 

お茶の収穫作業、工場でのお茶を揉む作業を少しさせていただいたが、3日間のバイトの僕にできるのは清掃作業。

 

お茶工場での仕事が終了する深夜から早朝の間に工場に行って、1日稼働して溜まった茶渋をヘラで削ぎ落す。

 

一杯のお茶が出来るまでの苦労をちょっとだけ味わった。

f:id:hirouten:20170929185954j:plain

工場に集められた茶葉、蒸されている

 

撮影はお茶畑だろ

日本の文化といえばお茶。お茶畑でフォトウェディングは面白そう。そんな安易な考えで松下さんにアポイントを撮った。

 

「今度結婚するんですけど、お茶畑で撮影していいですか?」

 

意味わからないであろう提案に快くOKを頂き、松下さんには半日撮影に付き合っていただいた。松下さんも「結婚式ってどんなことするっけなー」と色んなポージングも提案してくれた。

 

素直な感想を言うと、すっごく楽しかった。

 

f:id:hirouten:20170929191518j:plain
f:id:hirouten:20170929184233j:plain
お茶畑での撮影

掛川市内の観光も

茶畑の撮影の他、多くのところを案内していただいた。松下さん、大変お世話になりました、ありがとうございました!!!

f:id:hirouten:20170929184245j:plain
f:id:hirouten:20170929184250j:plain
アンティークカフェロード

 

f:id:hirouten:20170929184238j:plain

ヤマニ製茶の工場前にて

結婚についておすすめの本

 内田樹さんの著書「困難な結婚」も結婚について考えさせられる1冊です

 

 

菊地章雄

 

www.hirouten.com